icpo

ポルトガル人は、それまでアフリカなどで奴隷貿易を営んできましたが、
15世紀にアジアに進出すると東洋貿易を独占し中国人を奴隷として買い込み、各地に売り飛ばす奴隷貿易を始めました。
日本においては1543年にポルトガル人が初めて種子島に漂着し鉄砲をもたらしましたが、その数年後から早くも
日本人を安く仕入れ、奴隷として海外へ売り飛ばす奴隷貿易が始まりました

image

area

その結果十六世紀の後半には、ポルトガル本国やアメリカ、メキシコ、南米アルゼンチンにまでも
日本人奴隷は売られるようになり、天正10年(1582年)に ローマに派遣された有名な
天正遣欧(てんしょうけんおう)少年使節団
の一行も、世界各地で多数の日本人が
奴隷の境遇に置かれている事実を目撃して、驚愕しましたが、
その会話が記録に残されています。
(写真は使節団の正使である伊東マンショ、十三才が、ローマ法王に拝謁に行く際の騎乗姿)

「我々の旅行の先々で、売られて奴隷の境遇に落ちた日本人を身近で見たときには、
こんな安い値で小家畜か駄獣(牛や馬)の様に(同胞の日本人を)
手放す我が民族への激しい怒りに燃え立たざるを得なかった。」
「全くだ。実際、我が民族中のあれほど多数の男女やら童男・童女が、
世界中のあれほど様々な地域へ、あんなに安い値で掠って行かれ売りさばかれ、
みじめな賤業に就くのを見て、憐 憫の情を催さない者があろうか。」

1607年に南米 ペルーの リマ でおこなわれた人口調査によれば、当時の人口二万五千四百五十四人のうち、
日本人の奴隷として男九名と女十一名がいたことが分かっています。
天正遣欧(てんしょうけんおう)少年使節に関する本を読むまで、いわゆるポルトガルとの
南蛮貿易
により多数の日本人が奴隷として、遠く南米にまで
売られていた事実を全く知りませんでしたが、
皆さんはご存じでしたか?。

注:)
天正遣欧少年使節とは天正10年(1582年)に九州のキリシタン大名の、
大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代としてローマへ派遣され、
八年後の天正18年(1590年)に帰国した四名の少年を中心とした使節団のことで、
イエズス会員の ヴァリニャーノ が発案しました。
使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られる様になました。

天正15年(1587年)6月18日、豊臣秀吉は宣教師追放令を発布しましたが、
その理由は ポルトガル人が キリスト教の布教を熱心におこない神の恵み、慈悲を説きながら、
その一方で南蛮貿易において多数の日本人を安く仕入れ、
奴隷として船に連行し、海外に売り飛ばす事実を知ったからでした。
秀吉の言葉を伝える「九州御動座記」によれば、

バテレン( 注参照 )どもは、諸宗を自分達の キリスト教に引き入れ、
それのみならず男女数百の日本人を黒舟へ買い取り、手足に鉄の鎖を付けて舟底へ追い入れ、
地獄の苦しみ以上に、生きながらに皮をはぎ、あたかも畜生道の有様である

という記述がありました。

注:)
バテレン とは伴天連とも書き、ポルトガル語の Padre ( パ-ドレ、師父)の意味から、
キリスト教伝来に際して渡来した宣教師のことです。

nihon (via junmyk)

(via otsune)

重要なのは「Xに入る」ということよりも、それによって得られる「利害関係がなく、興味関心が似ている友人」なんじゃないかな。利害関係がないってのは、同じ会社でもないし、取引先でもなく、競合他社でもない、という関係。家と会社だけを往復する生活をしていたら、人間関係が利害関係のある人ばっかりになってしまう。それは議論したいことを議論できなくする。
 大学生にとって、友達作りが生命線である事情は、昔もいまも変わらない。
 その意味で、スマートフォンを携帯し、PCを装備し、電子化されたアドレスブックを手にしている現代の学生は、有利だ。指先ひとつの動作で、あらゆる交渉相手を眼前に呼び出すことができるからだ。  が、触れる物すべてを黄金に変えることのできたミダス王が、ついにはたった一つの新鮮なリンゴさえ口にできなくなったように、万能の指先連絡ツールを持って生まれてきた若者もまた、シンプルな幸福から遠ざけられる。彼は仲間内の相互監視から逃れることができない。そして、孤独な時間を楽しむ方法に疎くなり、ついにはコミュニケーションそのものに損傷される。これは大変にやっかいな状況だ。
高校のときに能や歌舞伎が「事前に知識を蓄えておかないと楽しめない」というのを知って「そりゃ廃れるわな」と思ったが、今考えてみると現代のアーティストによるライブも同じような状態だな
テストもろくにない Java のコードを手元の Eclipse でコンパイルして、その .class ファイルを WinSCP でコピーしてデプロイしている。バージョン管理システムはろくに活用されておらず、間違えたらおしまいなので PukiWiki の手順書に「~を厳守する」という心構えが出てくる。ファイルを zip で固めて IP メッセンジャーで送って「コードレビュー」をしている。先輩・後輩の序列がはっきりしていて、偉い人のコードレビューはすぐ通るのに新入りは重箱の隅をつつかれる。リファクタリングは危険なので論外で、jQuery 1.4 などの古いライブラリを使っている(「jQuery のバージョンを上げたらよくわからないエラーが出た」という伝説があって、それ以降バージョンを上げることがタブーになっていたりする)。もちろんコスト感もないので、拡張forは当然禁止で、偉い先輩がそのことを偉そうに教えてくる。年収 1000万。
中学生のとき、ロック歌手のブライアン・アダムスが好きだったというハラカミさん。「ラジオ番組で“ブライアン・アダムス”だと思って録音したのが、間違って“ブライアン・イーノ”というミュージシャンだったんです」。その間違いがきっかけで、“イーノ”の音楽を聞くようになり、環境音楽的なものに興味を持ち始めたという。
京都の50人 (via cloudchair) (via sakurasakuras) (via umi82mizuiro) (via nemoi) (via jacony) (via nakano) (via gkojax-text)

カナダ政府がこうした制度を導入したのは、裕福な移民が国内で事業活動を行うことで税収が増えることを期待したためだったのだが、実際には移民の多くは、中国国内で稼いだ資産をカナダに移転し、高齢者や職のない一族を呼び寄せた後は再び中国に舞い戻っているケースが多いとされる。

 カナダ政府や自治体にすれば、税収増にはつながらないばかりか、英語ができない中国移民のために中国語の道路標識や案内板を設置しなければならず、「割に合わない」との声が強まっていた。

■クレームは3つのレベルに応じて対応する

「クレーム」をレべルに応じて不満・不平・苦情の3段階に 分け、それぞれ「願望」「要望」「要求」ととらえましょう。
 お客様を見たら3秒で、この3つのいずれかを思っていないか? を読むのです。

 (1)第1段階「不満」=まだ言うほどもない  
  ⇒「願望」と気づき、芽を摘む

 (2)第2段階「不平」=ぶつぶつ言う     
  ⇒「要望」と認め、すぐ手を打つ

 (3)第3段階「苦情」=面と向かって文句言う 
  ⇒「要求」と謝り、即刻改善する

東京ドーム原器とは、東京ドーム1杯分の基準となる原器。東京都文京区後楽に所在し、多目的ドームとして使用されている。通称「東京ドーム」。
過保護は自己愛の表れだよ。
子どもと自分を同一視してるから出来る。

子どもは自分とは別人格と理解できてるまともな親は、
子どもがいずれ自立していくということを分かっている。
そういう親は成長過程のつまづきを恐れない。
子どもの痛みを理解した上で支えようとする。

でも過保護な親は子どものつまづきをダイレクトに
自分の被害(恥・恐れなど)として感じる。
自分と子どもの区別がついてないからね。
だから過保護になる。それって子に対する愛なのか?違うだろ。
自分に対する愛なんだよ。
Ultralite Powered by Tumblr | Designed by:Doinwork